広告 種類


広告 種類

商品やサービスなどを広告する方法には、たくさんの種類があります。

・新聞広告
新聞には信頼性があるため新聞広告に書かれた内容も信用して読んでもらえるため、大きな反響を期待することが出来ます。しかし、広告費用が高額になることや、読者が広い範囲及ぶため意味のない人達にも広告することになります。
・雑誌広告
新聞と同様に読者に広告内容を信頼してもらうことができますが、専門誌の場合は似たような広告が多いために目立たないこともあります。
・テレビ広告
視聴者に強い印象を与えることができる広告ですが、広告料金や広告を製作するための費用が大変高額になります。また、広告を出す番組と時間帯を良く考えないと、商品などを購入する可能性の低い人達に宣伝することになります。
・ラジオ広告
幅広い人達に商品やサービスなどを気軽に知ってもらうことができますが、短い時間の中で宣伝内容をまとめないといけませんし、印象的な内容でないとすぐに忘れられてしまいます。
・ダイレクトメール
顧客になりそうな人たちに、直接広告を送付する方法です。宣伝をする相手を選ぶことができるため効果的な方法ですが、有効な顧客候補リストが必要となります。
・新聞折り込み広告
特定の地域の新聞と一緒に広告を配る方法です。地域に密着した商品やサービスを販売している場合に、有効な広告方法となります。
・インターネット広告
インターネットの普及と共に、大きな効果が得られるものとなりました。しかし、単にホームページなどを作成するだけではなく、多くの人の知ってもらうための工夫などが必要となります。

このように広告には数多くの種類がありますが、宣伝をする内容によって適切な方法を使わないと効果がありませんし、広告に要する費用も十分に計算をして最終的に利益を出せるような方法を採用しなくてはなりません。
しかし、これからはインターネットがもっと普及して人々の生活になくてはならないものとなりますので、インターネット広告の重要性も高まるものとされています。


▲ 広告 種類 TOP

広告 その2 その3 it 広告 インターネット 広告方法 種類 宣伝 その1 その2 店や商品の宣伝方法

バリューマシーンIN